俺の人生どうなる?

ニートの戯言や漫画、アニメのおすすめ紹介したりする雑記ブログ

MENU

ガンダムSEED DESTINYのディスティニープランって正しかったんじゃないか?

僕の大好きな作品の一つであるガンダムSEEDシリーズ

他のガンダムシリーズは特に好きってわけじゃないけガンダムSEEDシリーズは好きなんですよね

で、ガンダムSEED DESTINYのデュランダル議長が実現させようとしたディスティニープランって実は実現したほうが人類にとっては幸せだったんじゃないだろうかって思う訳ですよ

まあ10年以上のアニメで今更感はあるんだけどね

ガンダムSEEDが放送されたのが2002年からで続きのガンダムSEED DESTINYが2004年からなのでだいぶ古いです

しかし2017年に見ても全然色あせない素晴らしいアニメだね

もし見てない人がいるなら見たほうが良いし、見た人もだいぶ前だし、大人になってから見るガンダムSEEDは違う感想を持つと思う

ガンダムSEEDのストーリー

簡単に言うとナチュラル(遺伝子操作されていない)とコーディネイター(遺伝子操作している)との戦いに巻き込まれる少年少女の苦悩のストーリー

主人公のキラ(コーディネイター)が友達のナチュラルを守るために地球軍のパイロットになりガンダムに乗り戦っていく

何のために戦うのか考えさせられるアニメ

ガンダムSEED DESTINY

ガンダムSEEDから2年後の舞台

前作で戦いは終結したかに思われたが戦いは終わらなかった

どうやったら戦いは終わるのか、どうしたら幸せになるのかが描かれているストーリーで考えさせられる

ディスティニープランとは

ガンダムSEED DESTINYの作中でデュランダル議長が推し進めようとした社会システム

遺伝子を解析することによって自分の最適な職業が分かり、そうすることによって自分がどういった職業に就いたらいいのかわからないと言う悩みなどないわけです

しかし作中の話ではその適正にあった職業にしか働けないって感じで、自由に職業の選択ができない

キラなら戦うことしかできない

キラは戦うことが嫌いだからディスティニープランを提唱しているデュランダルと対立する

詳しくはここで書かれています

デスティニープラン - Wikipedia

ディスティニープランって実現したほうが良いんじゃないの?

僕が思ったのはリアルに考えた時にディスティニープランって良いんじゃないの?って思う訳ですよ

ディスティニープランって強制的にその職業にしか就けないから今の僕みたいニートが存在しないし、自分の能力が一番発揮できる仕事ができるから幸せに繋がるんじゃないか?

僕はやりたいことも見つけられないし、できることもわからない

そんなものたちにとってはこのプランって正しいって思うね

たしかに自由はないかもしれない

自分に適正のある職業にしか働けないから、やりたくもない仕事に適正があるかもしれない

まあそこはディスティニープランのちょっとした変更をして適正のある職業を5つぐらいをピックアップしてその中から選べるって感じにしたら良いと思うんだよね

と、まあニートの僕からの意見はディスティニープランって良いと思うだよね

やりたいこともないから自分が才能を発揮できる仕事がわかるって素晴らしいじゃん

でも適正のある職業じゃなくても、やりたいことが仕事をできていてるならこのプランは正しくないって感じると思う

やりたくもないことをやらされるって苦痛だよね

でもやりたいことを仕事にできている人なんて少数って思う

だから社会全体としたらディスティニープランって正しかったんじゃないか?って思うし幸せになれるんじゃないかって思う

もしかしたらいつかは遺伝子解析でこんなこともわかる未来が来るかもしれないけど僕が生きている時代にできなきゃ意味ないじゃーん

って感じ